白は汚れが目立つから良い

「白いと汚れが目立つから嫌」
という考えはあったのですが、いつのまにか
「白いと汚れが目立つから良い」
と考えるようになりました。
調べてみると2016年にもこのページでそれっぽいことを書いていたので、
けっこう前から考えていたようです。

白だと汚れが目立つのは間違いないと思いますが、
それが嫌だと思うかどうかは
そもそも「汚れることが駄目なことだ」という価値観があるから
汚れることを嫌うのだろうと。
本来の役割を果たせなくなるもの(色合いを確認するためのモニターとか)や、
衛生面に問題が生じて不健康をまねきそうな汚れは困りますが、
そうでない場合は別に汚れたって良いじゃないかと思うわけです。

むしろ汚れるということは記録みたいなものだと思っていて、
汚れが色んな出来事や、年月が蓄積された結果ああなるわけで。
ダメージジーンズに関心が無いので違うと言われるかもしれませんが、
ああいう汚れやダメージがある物を良しとしているのと同じ考え方かもしれません。

それが最も分かりやすいのが白という色で、
使っていると自分の軌跡が色濃く残るのは嬉しい。