最近TPSゲーム(スプラ)をプレイしていて感じたこと

ここ1ヶ月くらい、スプラトゥーン2をプレイすることが多かったです。
僕は基本的にTPSで他のプレイヤーと対戦するゲームは滅多にしません。
普段ぼくは、物語や独特な世界観のあるゲームをプレイして、
その世界に入り浸ることが好きなゲームプレイヤーです。
ゲームをしない人向けに言うと、僕のプレイというのは、本を読んだり映画を見たり、
旅行したりするような感覚に近いかなと思います。
一方でスプラのような対人ゲームはというと、剣道や柔道、あるいはサッカーやバスケとか。
僕が文化系っぽいようなゲームを好むのに対して、対人ゲームは体育会系っぽくもあり、
同じゲームというジャンルでも、求められるセンスや考え方がけっこう違う。
そういった遊びは、せいぜい学生の頃に友人間で遊んだくらいだったので
やればやるほど対人ゲームが上手い人のテクニックの奥深さを感じる今日この頃。

一人で遊ぶことの出来るゲームはそこそこ今まで遊んできているので
基礎訓練くらいは出来ているかなと自分では思います。
例えばキャラクターを素早く移動させたり、素早く周囲を見渡したりだとかの操作の類。
止まっていたり、一定の動作しかしない的を射抜くのもそこそこ得意。
 何が出来ないかというと、敵や味方の位置をおおまかに把握する空間を掌握する力。
あとコンピューターではない、生きた人間だからこその動きを把握する力。
この2つが全くと言って良いほど当初はできなかった。(今もそうでもないけど)


とりあえずプレイし続けることで、その対処法が段々と分かってきたので、
せっかくだからメモ代わりにここに書いてみようと思うのですが、
一番の対処法は、「マップを把握する」ことであると現状では考えています。
マップを把握すること ー だなんて、よく「上手くなるための方法」として
一般的に言われていることだと思うのですが、
過去の自分を振り返ってみると、なんともその把握の仕方が疑わしいのです。
当然ぼくはマップを把握している、理解しているつもりでプレイしてきましたが、
思い返してみると、マップの構造や地形を把握していた程度であったような気がしてなりません。
一応「この場所を敵視点で見たらどんな感じだろう?」と
シミュレーションしたりはよくしていたのですが、せいぜいそんな程度。

重要なのは、状況に応じて敵が今のマップ状況でどのような選択肢を取れるかであって、
マップを把握する=状況を把握し敵の攻略パターンを把握する 
というような認識が正しかったのかなと現状では思うようになりました。
 把握していると、ある程度は敵の行動が予測出来るようになるので、
自分が居座っていたら不味い場所とかも分かってきますし、
前述した「生きた人間だからこその動き」にも事前に準備しておけることで
少しは対応しやすくなる。
また、予測が出来るようになってくるとマップ画面を見る余裕も出てくるので、
敵や味方の位置の把握もしやすくなりました。

これまでもずっと考えていたつもりでしたが、
「どう攻めてくるんだろう」「どう攻めてくるんだろう」みたいに、
実質何にも考えていないようなことを考えていたことが大半だったと思うので、
ようやく考え方の糸口がつかめたといいますか。
たぶん経験者であれば、もはや無意識にやっているであろうマップの理解の仕方が、
僕は出来ていなかったと思うので、あとは経験をつんで考えるパターンを増やせば、
もう少し上手くなれるんじゃないかなーと自分では考えています。

まぁ現状感じたことなので、プレイし続けていたらば
来月や来年にはまた違うことを考えているかもしれませんが。