モンハンワールドをちょっとプレイ

モンスターハンター(モンハン)というゲーム。
僕はPSPを昔は持っていなかったので、3DSで発売された3Gが初めてプレイしたモンハンで、
それがやってみるとけっこう楽しくて長く遊んだ覚えがあります。
楽しかったので以降の作品も大体触っているのですが、僕は3Gで特有の「水中」でのバトルが
特に好きだったため、3G以降の水中がなくなったモンハンはどれも凄く物足らなくて、
先日発売され、今回記事にしているこの「モンスターハンターワールド」も
水中がないようでしたので当初は興味がありませんでした。
ただ、あまりにも身の周りの人たちが盛り上がっているから、
だんだんと気になってきて、気になるのでゲーム配信を見たりもして確認していたのですが、
もう買った方が早いしそれが健康的だと思い、今日買ってきました。
前置きが長くなりましたが、モンハンワールドの簡単な感想でも書いてみようかと思います。

とりあえず触ってみて思ったのは、フィールドの臨場感が見ていた以上に凄いなと。
フィールドとフィールドの つなぎ目が無くなったことが大きいと思うのですが、
これまでは地図や諸々によって想像で補っていた部分が全て描かれているから、
そこに自分がいるという実感がすごく伝わってくる。
これは動画や配信で見るだけでは不十分で、自分で触らないと分かりませんでした。
 フィールドの中をある程度自由に動けるのも魅力で、
これまでは画面切り替えを挟んでいたような移動が何事もなく行われるから、
緊張感もリズムも損ねないのでこれまで以上にプレイに没入感があって良い。
モンハンというゲームの中身は、基本的には今までと同じだと思いますが、
フィールドの臨場感だけでここまでおもしろさが変わるのかーと、ちょっと感動しました。

あと良かったのは、記憶が薄らいできているので確信はないですけど、
素材の合成をする手間がなくなっていたり(素材を拾うだけでアイテムが出来上がった)、
肉を焼くには草食のモンスターから肉を刈り取った肉と、
それを焼くための道具を個別に用意する必要がありましたが、
肉と道具とをセットで刈り取れるようになっていたりして、余計な手間が減っていました。
 余計な手間はモンハンの世界でサバイバル感を出す味として機能していたようにも思いますが、
その味よりも、タイトルがモンスターハンターですから、
モンスターをハントすることをよりクローズアップしてくれた感じでしょうか。
味わいは大切だと思う反面、僕自身も合成等はすごく面倒に感じていたのでありがたい。


全体的に好印象でしたが、個人的にはハントすることだけに喜びを見出せないのと、
村クエのストーリーに興味も湧かないので、遊び続けることはないなーという感じはしました。
繰り返して攻略を覚えて、装備を強くしてモンスターをハントし続けることを繰り返すのは
ゲームがおもしろいのでおもしろいのですが、もうこれまでにやったしなーというのが
正直な気持ちで、またそれを始めるのは性格的に苦手といいますか。
ただ、繰り返しますけど僕は水中が好きなので、水中の要素がもしあったらば、
ワールドのリアルさだったらより体感出来たと思うので、続けていたかもしれません。