煮込みラーメンの名前は絶妙



最近、この永谷園の「煮込みラーメン」のネーミングが絶妙だなと感じていて、
これを考えた人はすごいなと思います。

公式サイトを見ていると「煮込み専用麺」を使用していると書かれていますが、
基本的には普通のラーメンと大きな違いはないでしょう。
普通のインスタントラーメンや市販の麺やスープを使って鍋にしても良いはずですが、
あえて「煮込み」とつけることで、訴求力を高めていると言って良いかと思います。

というのは、ラーメンと言えば、
ラーメン鉢に入っている姿を思い浮かべる人が恐らく大多数を占めていて、
違ったとしてもせいぜいカップラーメンの器だったりするくらいでしょう。
鍋のラーメンに関して言えば、せいぜい鍋の最後にラーメンの麺を入れて、
残りのスープと一緒に楽しもうというのが一般的には関の山なのではないかと。
ですので鍋でラーメンをメインに食べるという発想を持っている人自体が
そもそもあまり多くないと思うのです。
 そこでこの煮込みラーメンですが、名前に「煮込み」と名付けることで、
鍋の主役はあくまでラーメンであると主張しています。
鍋料理の1つとして、ラーメンを食べても良いんだと、多くの人に訴えかけている。
仮にこれが「鍋ラーメン」であったとしたらば、
前述したような鍋の最後に麺を入れる食べ方を思い浮かべる人が多いはずで、
「煮込み」と名付けているから鍋の主役になれています。

鍋の食べ方には、名前のついている食べ方だけでも幾多の食べ方が存在していますが、
そんな鍋界隈の1角を狙って食い込んでいるのですから、
「煮込みラーメン」の「煮込み」というネーミングは絶妙だなーと思います。