テレビから得る世間の盛り上がり

これまで生きてきて、僕はずっとテレビをつけていることが多かったのですが、
最近はほとんどテレビを見ておらず、好きな番組や興味深そうな番組を録画して見るくらい。
最新のニュースはツイッターのNHKニュースのアカウントをチラ見する感じです。
かつてテレビでは野球の試合をよく見ていたのですが、
今はその代わりにゲームの試合を見るようになりました。

困ることは特にはないのですが、
テレビによって作られる流行みたいなものを感じられなくなるのは残念だなーと感じています。
例えば幾度となく繰り返されるテレビCM
人気商品や注目の商品はそれで知ることもあり、見る回数が増えれば増えるほど
なんとなくその商品が世間的に盛り上がってきているような錯覚に陥ることもあります。
同じ購入にしても、そういった世間の盛り上がりを感じながら購入するのと、
盛り上がりを感じずに購入するのとでは、前者の方が間違いなく興味が湧く。
 ネット上の記事や動画やSNS等や知人から最新の情報を得て
少なからず盛り上がりを感じることもありますが、
ネット上の記事や~知人からの情報というのは、自分の好みに近い情報である可能性が高いため、
実際は大して盛り上がっていない小規模な盛り上がりでも
盛り上がっているように感じてしまうこともあるので、そういった意味で僕は信用していません。
逆に身の回りで盛り上がっていないと、世間的にも盛り上がっていないと感じる時もある。
100万単位で人を動かせるのはネットや知人の話よりもテレビだと思っているので、
世間の盛り上がりを感じるという意味ではテレビが一番良い。


というのは自分の実体験から感じていることですが、
夏にドラゴンクエスト11が発売され、僕は世間的に盛り上がっていないゲームだと感じていました。
しかし実際は他機種合わせて300万本以上のヒットをしているのを見ていると、
世間的に相当盛り上がったのだろうなと想像に難しくありません。
僕はゲーム内容に全く興味が湧かずに結局買いませんでしたが、
もっと世間の盛り上がりを肌で感じていたらば、物は試しにと買っていたかもしれない。
そういったきっかけを得られた可能性は無いよりはあった方が良いと思うので、
テレビの良いところだなーと思う今日この頃です。