CDTV

先日久しぶりにカウントダウンTVをたまたま見て、
時代の変化が新鮮で驚きました。

驚いたのは、
��0年以上昔と変わらぬ声とデザインのキャラクターたちが、
「今週のランキングは~」とか、
「今週のトップ10は~」などと、
昔のカウントダウンTVと同じテンションで叫んでいたのですが、
今は大半の音楽ファンは、
好きな音楽をネットで自分好みの音を探して楽しむ時代になっているし、
メディアに露出する音楽の人たちにしても、
ほとんどアイドルくらいでしか数十万枚以上売れない今の時代に、
さまざまな商法で同一CDの枚数を伸ばすような作今であるから、
恐らくかなり固定された層しかCDを購入していない。
なので、昔と今ではCDのランキングの重みがぜんぜん違うし、
なんだかここだけ時代が止まっているような印象がして、
とても新鮮でした。
 見ていて、あ、こんな時代があったなと懐かしく思い、
「初登場で1位を記録したよ~!」と叫ばれていたけれど、
こんなにも重みが違うものかと、少し驚きました。

ここ数年の日本の曲は良いものがとても多いと思うけれど、
ランキング上位に常連みたいな形で入るような曲では、
好きなものは僕はないかなー。