CD

ここ数年はずっとパソコンで音楽を聴いていて、
��Dは自分の中でマスターテープのような位置づけでいたのですが、
年々とCDへの愛情というものが薄れているのを感じます。
昔は好きなアーティストや好きなジャケットのCDを並べることに、
なんとも言えない満足感を感じたものですが、
いつの頃からか、パソコン上でデータで音が並んでいて、
画像データやアーティスト情報等から作品のイメージが明瞭に伝わってきさえすれば
それだけで十分な気がしてきているし、大半のCDに関してはそれで問題はなくなりました。
思いで深いCDか、とても気に入っているCDさえあれば、
他は特にCDで持っておく必要は無いような。

むしろ今は、もうCDに感じていた魔法が解けたような状態ですので、
持っていることに対して虚しいとさえ感じるようになり始めています。
ただダウンロードで購入出来るデータをそこまで僕は信用していないので、

購入元が無くなってしまうという想定も含め、様々なトラブルを考慮すると
厳密にバックアップしておかないとならないと思うけど、それが面倒くさいのでCDが良い。
��Dには、とりあえず手元にあるという安心感がある。

一応CDで買うことは買います。
 CDはこれからの時代はグッズや記念品的な扱いになると、
僕の好きなアーティストさんが言っていた気がしますが、
ほんとそうなのだろうと思う。
なんとなく虚しいです。