作曲 観覧車



政治経済 算数国語 体育コンピューター 物理生物化学なにも分からない
私はいつも落第生 空を見上げてあなたを探すだけなの
観覧車に乗って旅立つのよ ゆらりゆられゆらり回っていくわ
星の住む世界君が待ってる 私は銀河の天体系
真っ白な 星を見て 思いを募らすの
私はそのまま流星になっていた

空は雨模様 視界モノクローム 月もない夜に
ピョンっととびはねウサギになったみたいに
水玉の寝巻きを着たまま とことこ歩きあなたのもとへ向かってる
頭はぐるぐる 体もぐるぐる 私の人生大回転よ
登っていっても星は見えない あなたがいない誰もいない
真っ暗な 何にもない 色のない世界だ
このまま回ってく あなたを見つけるの

真っ暗な 何にもない 色のない世界だ
このまま回ってく いつまでも回ってる
モノクロで 何にもない 君のいない世界だ
このまま回ってく 落ちるまで回ってく